食事

血圧を下げる食事は宅配がおすすめ|美味しい料理を届けてくれる

糖尿病の食生活

糖尿病予防または糖尿病の方に重要なことは、規則正しいバランスの取れた食事を習慣づけることです。毎日自炊することが難しい方は、うまく糖尿病食の宅配や通販を取り入れて、バランスの取れた食事を毎日取るようにしましょう。

Read More

医療だけでは解決しない

人間の体は医療だけでは回復しません。食事が必須となります。不足分を補い、しっかり栄養を摂ることが回復の早道です。栄養療法では適切な食事や形態、点滴などを色々な方法で状態に合わせた栄養を補い、人が持つ自然治癒力を回復・高めていきます。

Read More

血圧が気になる方へ

高血圧に特効薬はありません。適切な食事療法や適度な運動を習慣的に行うことが高血圧に最も適した対処法なのです。脳梗塞や心臓発作といった怖ろしい病気を予防するためにも、日々の努力で高血圧の解消を目指してください。

Read More

栄養士の使命

生活習慣病の予防

食の重要性が広く認知されるようになり、栄養士の仕事も以前に比べて多岐にわたるようになりました。教育現場では食育という言葉が定着したり、ドラッグストアやスポーツジムなどにも栄養士が配置されることが一般的になるなど、日常生活の至る所に活躍の場が広がっています。我が国が解決しなくてはならない問題の一つに挙げられる生活習慣病増加の抑止は、栄養士の活動なしには語ることができません。病院や介護施設などの臨床現場における栄養指導だけではなく、あらゆる現場において栄養士が中心となって、幅広い年代に対する生活習慣病予防の啓発活動を行う必要があります。生活習慣病の中でも、早期からの取り組みで防ぐ必要があるのが高血圧です。

健康な時からの取り組み

血圧を下げる食事の重要なポイントは、減塩です。減塩による降圧効果には、明確なエビデンスがあり、血圧を下げる食事の基本として1日の塩分量を6g以下にするということがあげられています。高血圧と診断されてから食事を改善することは、もちろん重要なことではありますが、賢い選択とは言えません。味覚が形成される幼少期から塩分を控えた食事を続けることは、将来的な高血圧を予防することにつながります。家族全員で塩を控えた血圧を下げるための食事をとることが大切です。すでに濃い味の食事に慣れている場合でも、減塩食をしばらく続けることで塩味の閾値が変わります。また、血圧を下げる食品としては、野菜類があります。血圧を管理して血管をきれいな状態で保つことで、様々な疾患の予防につながります。幅広い世代に対して栄養士が減塩指導を行うことが求められます。また、自宅で営養バランスのとれた食事を摂取したいと考えている方は、病食配達サービスを利用するのもおすすめです。病食メニューは管理営養士が考えたものなので、自分で食生活を管理せずともこれを食べていることで血圧上昇を抑えられます。